陶芸家 大岩浩章のご紹介

心を込めて、作陶活動を。

陶芸作家「大岩浩章」

大岩浩章

datta.を運営する、陶芸家の大岩 浩章です。
伝統を継承し さらなる新しい作品作りに挑戦し、
その魅力を世代や土地を越えて伝えたい、と願い日々制作を行っています。
これまでの私の履歴と陶芸について思うことを綴っています。
お読みいただければ大変うれしく思います。

プロフィール

工房

1974年生まれ。神奈川県出身。叔父の友人の陶芸家に会いに行き、土を練り、器を製作している職人の手仕事に目を奪われる。
元来物作りが好きであったこともあり、陶芸の道を目指す。
1992年、神奈川県所在「株式会社 九つ井」内 自家窯「陶郷」太田信夫氏に師事し業務用食器、レリーフ(陶壁)、照明等を製作する。
1997年、沖縄県壺屋焼窯元「育陶園」5代目故高江洲育男氏、6代目高江洲忠氏に、シーサー作りの第一人者で現代の名工であった5代目最後の弟子として師事。 壺屋焼、シーサー、龍、器等製作する。

本格的沖縄陶芸の広がりを願い、オンラインストアを始める

2003年沖縄県中部 読谷村都屋にて『沖縄南の島陶芸工房』を開窯、シーサー、龍、器、手洗いボウル、表札等製作。

創作活動を続けるうち、沖縄県内のお土産店やネットで販売されている「シーサー」の約8割が外国製品であり、素材も樹脂製品や陶芸窯で焼成しない自然乾燥させただけの水につけると溶けてしまうような大量生産品のシーサーが多く出回っているという現実に衝撃を受ける。

同時に伝統の本格的な手作りのシーサーをご存じない方も多くいらっしゃることも知り、手作りにこだわった本格シーサーを後世に残していかなければならないと強く思い、2006年「沖縄陶器」と「シーサー」のネットショッピングをオープン。
若いころから陶芸とともに興味のあった建築の分野の素材である表札・洗面ボウル・ペーパーホルダー・タイル・ 照明にも作陶の幅を広げていき、日々新しい発見をしながら最高に幸せな環境で作陶している。
現在はオーダーメイド製作が中心となる。工房の開窯当時より陶芸体験を行っている、現在は一日2組様限定で開催している。

受賞履歴

2000年 沖縄現代陶芸展 入選
2000年 沖展 入選
2001年 沖縄現代陶芸展 入選
2007年 沖縄現代陶芸展 入選
2008年 沖縄現代陶芸展 入選
2008年 沖展 入選
2009年 沖展 入選
2010年 日本・フランス現代美術世界展 入選

メディア

2007年 沖縄タイムス『タイムス住宅新聞』に掲載
2011年 『月刊コロンブス』に掲載
2011年 『琉球新報』に掲載
2013年11月 沖縄タイムス『タイムス住宅新聞』に掲載
2013年12月 沖縄タイムス『タイムス住宅新聞』に掲載

Follow Datta.

Emailをご登録頂くと、お得な情報をお届けします。